PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今夜はエンポリ戦

もうSupernaturalにハマって大変です。何も手がつかないw
しかしこのままだと頭がお花畑になっちまうので(もうなったも同然だが)
ここらで一発マンチョのインタビューを。公式より。

Mancini : "No easy matches"
Mancini : "Important players back"

103459-500mancini.jpg


監督、あなたの緘口令(かな?)は何か物議をかもすモノではないとモラッティオーナーは説明しましたが、時として反響を呼ぶものです。
それは事態に影響を及ぼすものでしたか。

-いや、特別な事はない。確かにオーナーは私よりも影響があったがね、それが彼の役目だから・・・
私は4、5回しか話す機会がなかったし、とっとと家に帰ったからまぁ幸運だったよ(笑) 全てパルマ戦の次の日に言われたりしたものだったからね。
エリア内でペナルティやファール以上のものは何もなかった。事をややこしくしないため多分ソレ(緘口令)が正しい措置だった。

しかし、審判とインテルの間に何か正しいとはいえない関係があると思いますか?
-何も怪しいところはないよ。こういう例は最初の事で私がインテルに来て以来、それ(緘口令)が長いと言うわけでもない。
パルマ戦の後では議論自体がもう起こってしまったことであって、済んだことだろう。

多くの重要な選手を欠いた状態でトリノでユヴェントスに勝利したあとチームは成長したと。

-カップ戦ではあったが、それでもインテル対ユヴェントスだ。いつも特別な試合だね。
我々は勝ちぬけ、すべてがまぁ通常だが我々がコッパの準々決勝で敗退したりしてもCL決勝で負けたのと同じ事だったろう。(大げさだよ・・・)
技術的には2試合の対戦が我々には重要だった。(1試合ではやばかったという事ですかね)
1stレグで我々は殆どの時間を10人で戦って、2-0とリードしていたのを最後にドローにされたのはちょっと運が悪かった。
我々はトリノでユヴェントスに対していい試合をしたし、リヴァスのような新しく入った若い選手が頑張った。これは勝った以上に満足だよ。

チャンピオンズリーグでのリヴァプール戦に向けて、まだ楽にみえる試合がいくつかありますが。
-紙上ではパルマ戦が難しい試合でもないと言われてても、残念ながら実際楽な試合などない。それと私の経験上言うんだが、選手たちはサンシーロで試合をするとき他でプレーするよりもっと何かを与えられている・・・なぜなら彼らは素晴らしいスタジアムでインテルと対戦するんだから。
ミラノに来るチームは失うものが何もない、彼らは選手生命をかけて試合をするんだろう。
楽な試合なわけがない。

リヴァプール戦を前に殆どの選手が復帰するようですがフィーゴはそこに含まれてますか?
-次の週、フレンドリーマッチで彼が正式にプレーできるかどうか見てみる。ハーフのピッチで(フィーゴの状態を)言うのは難しい。
彼はOKだが冷静に見ないと。他はおおかた上手く行っている。

明日のエンポリ戦はどうなると考えてますか?エンポリのコーチ(マレザーニ)は昨年ウディネーゼを率いサンシーロで引き分けを演じましたが。
-昨年マレザーニのウディネーゼは我々のスタジアムで素晴らしい試合をしたね。
対戦するにはエンポリは強いチームだし彼らはメアッツァでミラン相手でも良くやっていた。
我々は開始から注意深く、上手くやらないといけない。

今週のバロテッリとパトの話をどう説明されます?今若い選手たちにもっと注目するのか、それとも。
-多すぎる重要性を彼らに与えてしまうことがある。彼らは若すぎるからこちらの現実に彼らを投げ込むと危険なことになるかもしれない。

あなたはユヴェントス戦でのゴールは忘れろとバロテッリに話したというのは本当ですか?
-言ったよ。なぜなら今は過ぎた事で数にはならないからだ。彼は良く頑張った。マリオは年齢のわりにはずば抜けた才能と立派な体格をしている。
彼は成長しなければ。普通そうだと思うんだが、17歳では精神力が体格とテクニックと釣り合ってはないからね。
彼には助けが必要だし、正しい心構えでいれば確かに素晴らしい未来が開けているだろう。

1月に行われた移籍についてどう思われます?
-ナポリはブレシアから二人の優秀な選手を買ったね、こっちもマンニーニのような選手を?
我々は他の多くの若い選手同様彼をフォローしてきた。彼は確かに高い技術を持っているね。
フィオレンティナもいい選手を何人か獲得した。しかし(この時期)チームに加入した選手は早々馴染む必要がある。それは大変な事だ。

マンチーニ監督、今冬の移籍市場について言われましたが、100周年のためのビッグネーム獲得はインテルのようなすでに強固なチームのバランスを崩すことにはなりませんか?
-100周年の計画はするが、6月の移籍についての特定な話ではないと思う。これから4ヶ月はハードな試合が控えているし。
追って見てみるが、誰もチームのバランスを崩す事はないだろう。

最近の試合からも11人に対して10人で試合をしていてさえインテルが好調だと見てとれるんですが。
これはドバイキャンプでいい訓練を成し遂げたという事ですか?
-もちろん我々はいい調子だ。1月に2試合を10人で戦った事がいい仕事をしたというのを示したことになる。
ダイハードな4ヶ月が待ってるわけだが、チームが勝利へ向って結束し、チャンピオンズリーグの前にカンピオナートでリードを広げることができたら、楽にはなるかもしれないよ。
しかしカンピオナート終了までにポイントの為だけに戦わないといけないとは思っていない。
正直、昨シーズンみたいに大差で勝つより3ポイント差で勝つほうを選ぶね。

マンチェスター・シティへ修行に行く準備をしているあなたの息子さんのフィリッポに何をアドバイスしましたか?
-私は彼の幸せと、いい経験になると願っているよ。

し、知りませんでした・・・!すでにお花畑になってました・・・orz


ソラリのような経験のある選手をCLのリストから外した事はどのくらい大変な事でしたか。
-戦術上の決定だった。他でもあるような。このような決定時はいつもそうだ(辛い)。
その時ベストだろうと考えるしかない。アドリアーノやセーザルを最初(グループリーグで)外した、そして今度はサンティアゴ。
とても辛いよ。しかし選ばないといけないんだ。サンティアゴの落胆は理解できる。
しかし残念ながらこれが我々の決定した事なんだ。

マンチョの孤独、察するに余りあります

最近の試合であなたは選手の配置換えを多くしましたが。他に新しい指示を?
-ヴィエラとスタンコビッチの復帰が大きい。リヴァスはココ何ヶ月か更に成長していて頭数に入れることが出来る選手だ。
以前はポジションのどこに置くか確定できなかったが。彼は素晴らしく成長しているよ。ペレもそう、3ヶ月で向上した。
しかし私はメンバーを変えることは多くないと思う。

ヴィエラの代表への召集はリスキーですか?
-どうか怪我しませんように・・・(笑) 彼は良くやってるし代表でプレーするのは彼には有益だと思うよ。
45分のプレーならいいだろう。45分を二つ?(フルタイム?)ちょっとね・・・

5ポイント差で迫ってきているローマが心配では?

-変わりようがないよ。7ポイントだろうが、3、9ポイントだろうがね。ローマはとてもよくやっているし我々もそう。いいライバルだ、いつもね。


エンポリ戦 召集メンバー

GK   1 トルド  12 ジュリオ
DF   4 カピタン  6 マクスウェル  13 マイコン  16 ブルディッソ  23 マテラッツィ 
        24 リヴァス
MF    5 スタンコビッチ  11 ヒメネス  14 ヴィエラ  19 カンビアッソ  28 マニシェ
         30 ペレ
FW    8 ズラタン  9 クルス  18 クレスポ  29 スアソ



スポンサーサイト

| インテル 07/08 | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nerazzurro1908.blog93.fc2.com/tb.php/339-0f595a09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。